デジタルタコグラフ | 株式会社トランス・アイ(株式会社trans-I)

株式会社トランス・アイ(株式会社trans-I)


デジタルタコグラフ


desitachotop

デジタルタコグラフとは?

デジタルタコグラフとは、「次世代型運行記録計」とも呼ばれる、運行記録計(タコグラフ)の一種です。旧式のアナログタコグラフと異なり、車両の運行にかかる速度・時間等を紙ではなくデジタルデータとして自動的に蓄積する事が可能です。さらに、運行管理情報や運転診断情報も計測できるようになった為、事故防止や燃費の向上によるコスト削減などの効果も見込めます。国交省は車両積載量7トン以上または最大積載量4トン以上の事業用トラック全てにタコグラフの装着を義務付けしていますが、中でも上記の効果が高く見込めるデジタルタコグラフの搭載を推奨しています。弊社の提供するデジタルタコグラフは、業界最高位モデルを標準装備で提供します。
主な機能 アナログタコグラフ 一般的なデジタルタコグラフ 弊社のデジタルタコグラフ
タコグラフ(機器)
モバイル通信 ×
運転管理ソフトウェア
ドライブレコーダー × ×
※弊社は機能が料金に含まれることに対し、場合により、これらは運転日報作成のソフトウェアを別途購入する必要があります。

モバイル通信によるリアルタイム自動連携が可能

モバイル通信を利用し、運行管理者へリアルタイムな情報をお届けします。SDカードを回収する必要はありません。データを自動収集し、管理画面には必要な情報が形成された状態でデータが表示されます。運行管理者の業務を大幅にカットする事ができます。
desitacho_description2

充実した運行管理者向けソフトウェアが標準装備

各省庁が提唱する改善基準やアクションプランに対応。また、運行業務効率の向上につながる、労務管理機能、危険運転管理、稼働管理、燃費管理等、豊富に対応しています。特に、他社製品では必要な機能がオプションで追加料金が必要な場合もある中、弊社はそれらを標準装備しました。
運行管理
運行管理の機能を網羅しています。
  • ・運行日報一覧
  • ・車両/乗務員管理
  • ・給油管理
  • ・車両点検
労務管理
厚生労働省が提唱する「トラック運転者の労働基準の改善基準ポイント」に対応しています。
  • ・乗務員実績一覧表
  • ・乗務員労働チェックシート
各種
帳票出力
運転日報をはじめ16種の帳票の出力に対応しています。
  • ・運転日報
     (温度表示無/高速表記無)
  • ・運転日報
     (温度表示無/高速表記有)
  • ・運転日報
     (温度表示有/高速表記無)
  • ・運転日報
     (温度表示有/高速表記有)
  • ・日常点検表
  • ・車両運行一覧
  • ・乗務員運行一覧
  • ・運行評価一覧
  • ・車両別日次稼働実績
  • ・車両別月次稼働実績
  • ・乗務員別日次稼働実績
  • ・乗務員別月次稼働実績
  • ・月間総合点数一覧
  • ・乗務員運転診断表
  • ・給油詳細
  • ・車両給油実績
運転診断
厚生労働省が提唱する「トラック運転者の労働基準の改善基準ポイント」に対応しています。
  • ・速度超過
  • ・急加速
  • ・急減速
  • ・急ハンドル
  • ・連続運転
  • ・アイドリング
  • ・回転数超過

ドライブレコーダー機能を搭載

カメラ及び危険運転イベントに連動した自動録画機能を搭載しています。
クラウド自動録画 イベント連動し前後3秒の画像が自動的にクラウドへ録画されます。
リアルタイム管理者確認 イベント連動し前後3秒の画像が自動的にクラウドへ録画されます。

各種機能詳細紹介

動態管理 各車両の最新の位置情報を、車両の向き情報と共に地図上にアイコン表示するモードです。
軌跡管理 確定している車両の運行軌跡を表示するモードです。過去の運行データ一覧からピックアップして表示もできます。アイコンをクリックすればより詳細な情報を得ることもできます。
イベント管理① イベントの発生状況を表示するモードです。起こったトラブルだけでなく、トラブルにつながる危険のサインも漏らさずキャッチしています。
イベント管理② 赤いイベント発生アイコンを選択すると、イベント詳細内容が確認できます。画像データもこちらから確認できます。
運行一覧 その日の車両運行状況をひと目で把握できる「運行一覧( 日 報一覧)」を表示。さらに運転日報により乗務員の運転状況を確認できます。
運転診断月報 乗務員単位で発生したイベントに連動し、運転日報内に運転状況を評点化します。乗務員単位で診断結果を月次単位で集計・ランキング化も可能です。